カラダにごちそうボディエッセンス



2005年11月18日

へちま

◆へちま
夏になると自分の家でへちまを育て、
実から繊維を取り出して体を洗う道具にしました。

湯に浸すとスポンジのようにやわらかくなり、汚れがよく落ちます。
使い終わったらしっかりゆすいで、風通しのよいところに干しておきます。

果実に繊維が多いので「糸瓜〜イトウリ」と呼ばれています。


その日に疲れが取れちゃうお風呂用ギフト 【エコデパドットコム】


☆その日に疲れが取れちゃうお風呂用ギフト☆のご注文はこちらから

ギフトの中身は
◆土佐備長炭お風呂用1kg
◆天然へちまボディーブラシ
◆竹ピンブラシ
◆ガスール(うるおう粘土)
◆アレッポのオリーブ石鹸
◆木曾ひのき精油18ml

価格は
◆8,925円(税込)

母の日、父の日のプレゼントにいかがでしょうか。



posted by akiho at 08:55| お風呂 昔からの道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

木曽工芸 タガの落ちない湯桶

タガがついている湯おけはお店ではあまり見なくなりました
我が家でもタガが付いているものといえば 寿司おけ だけ
私は、たがが緩んで夜更かしばかり・・(笑)

天然素材のぬくもりが伝わる 木曽工芸
水に強い耐久性に優れた桧材で作られています


木曽工芸 タガの落ちない湯桶のご注文はこちらから
木曽工芸 タガの落ちない湯桶



◆価格:2,604円(税込) 送料無料

◆サイズ: 約直径22.5×高10cm

◆重量: 約0.4kg

◆材質: 本体/桧、タガ/ポリプロピレン



posted by akiho at 22:14| お風呂 昔からの道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

五右衛門風呂

安土桃山時代の大泥棒、石川五右衛門が大きな釜で「釜ゆでの刑」にされたことからこの名前がつけられました。
五右衛門風呂は、釜の真下で火を焚いているので鉄の底はとても熱くなっているので、底板(ゲス板)を踏み沈めてゆっくり入ります。
西日本から広まった五右衛門風呂(長州風呂)は、釜全部が鉄製でしたが、東日本では大きな木の桶の中に鉄のかまどをしまい込んだ「鉄砲風呂」という形でした。



posted by akiho at 12:29| お風呂 昔からの道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お風呂で王様気分♪快適入浴グッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。